いらっしゃいませぇ(≧∀≦)

読んでる?(/∀\*)

現在の閲覧者数:
無料カウンター

プロフィール

くーたんたん

Author:くーたんたん
25歳☆ビミョーなお年頃の女子が干物にならぬよう
日々遊び・美・楽・を追求してまふ(≧ε≦)
ゆず・ミスチル・かわいい男の子が大好物( ゚д゚)

最近のコメント

カテゴリー

WEB拍手(●´ω`●)ゞ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

最近の記事

フリーエリア

--/--/-- --:--  スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/25 00:04  ケツメイシを聴くと



思い出す人がいます




今日はちょっと過去の話☆





彼氏と出会うちょっと前に再会した、女友達の友達のB君。


高校のときから存在は知ってて。

ちょくちょく何かの機会に会ったりして、
あたしは『いーよねーいーよねー彼女と別れたら教えて!!』
ってずっと友達に言ってたくらい好み


さわやかで、でもぶっきらぼうで周りからは『何考えてるかイマイチわかんなぃよねーアイツ』なんて言われてて。


夏に友達カップルが行く予定だったキャンプ。

その彼も一緒に行くことになって、あと誰かオンナノコ誘おうってなった時。

『くー誘えばいーんじゃん??』

って言ってくれたって。

そんなに会った事ないのに・・飛び上がるくらい嬉しかったなぁ


なのに、キャンプでは大した交流もなく


そのまま半年以上が過ぎて。


キャンプに一緒に行ったカップルの結婚式で再会



その時のアタシ、もう彼にしか目がいかなくて・・・


でもやっぱり恥ずかしくてあんまり話せない

『おぃ!!何シカトしてんだ~~ キャンプ一緒に行ったじゃねーか


って言われて、やっとしゃべれた。


その後、友達に長くつきあってた彼女と別れたらしいこと聞いて、
いてもたってもいられなくて『B君のアドレス教えて~~
って恥ずかしいけど言ってみた。

まさか友達はそこまでその彼の事アタシが思ってるって知らなかったからビックリしてたけどw


本人にも確認してくれて、無事アドレス交換

何回かやり取りして、アタシが彼の住んでるとこに遊びに行ったら飲む約束もして。

研修でしょっちゅうそっちには行ってたからね。





約二ヶ月後、それは実現しました



2人で遊ぶのはもちろん初めて



ゴハン食べながらお酒飲んで。


その後、なぜか2人でカラオケ


盛り上がって、お互いケツメが大好きだってことわかって。


彼『DVDうちにあるよ~』

私『まじで?!いーなぁ

彼『見に来る?

私『・・・


そんなビミョーな雰囲気のまま、カラオケも終って、タクシーに。

アタシの帰る方向に徒歩圏内で彼のうちがあったから『途中まで乗ってけば?』と同乗


DVDのハナシは出ないまま、彼の家の前に。



降りる前、


『DVD、観てく?』


と一言。



時間、午前1時半。



悩んだアタシ、、、『いーの??』とタクシーを降りました。。。









とは言ったものの


この時点でハッキリ言って彼とHスル気とか全くナシ。

ないってか、とりあえず下着もやばかったし(爆)そーゆう問題か。



てかこの彼、ほーーーんと危険な感じしなかったんですよ。



男はわかんないって言うけど、そうゆう確信はあった。

なんか、友達は友達。みたいな。アタシに対して全くそういうニオイはさせなかった。悲しいことに・・笑




部屋に入ってしばらく、あたしド緊張して着てたコートも脱げず。

彼からちょっと離れて体育座り(笑)

カンジ悪いよね~~(;→д←)



そのうち、なーーーんにも起こる事なく彼、『ちょ、俺眠いから寝るわ~~くー観てていーから♪』って寝だす始末ww



DVD終ってから『帰るね^^』
って言って帰ろうとしたら、タクシー乗り場すぐ目の前なのに
『そこまで送るから』とわざわざ出てきてくれて。
運転手さんに『お願いします』って


これでアタシ、メロメロに・・_φ(-ω-。`)胸キュン♪




そんなこんなで彼の家の近くで遊んだり、

地元に帰って来たらあたしに連絡来たり・・・数回遊びました。


でもね、彼ずるくて『今地元帰ってきてんだよねぇ~』って電話来るくせに誘うのはあたしの方から。

うーん小悪魔。




会ってくうちに、彼の本音の部分とか、他の友達とかに見せない部分とかも知ることができてどんどんスキになっていった。



地元でゴハン食べて、あたしの車で彼の家まで送るって言ってドライブ。

その時にかかってたのが【ケツメイシ】の【朝日】

アルバムに入ってた曲なんだけどすごいいい曲で。




彼の家の近くまで来てたんだけど、その時彼が

『コレいーよなぁ 俺コレ終るまでいるわ。』


と一言。





ね、コレどう思う??もっと一緒にいたかったってことかなぁ。

でも全然そんな気しなかったの、彼の雰囲気。



ひととおり聴き終わって、帰ろうとしたんだけどあたしに一気に睡魔が。。。(;ωゞゴシゴシ・・・


私『眠い・・』

彼『大丈夫か? うちで寝てくか?』

私『・・・えー

彼『まーうちのオカンと一緒だけどな 笑』(彼は実家に帰ってるとこでした)

私『アハハ。それは遠慮しとくわ』


そんなこんなで帰宅。


その後いつもの『無事に帰れたか?』の電話。

そう、この彼必ずこういう風に確認の電話くれるんですよ。


それがまたスキだったなぁ・・・







結局このB君とは付き合うことなく、キモチを伝えることもなく終りました。

なんにもしてません


あ、手ぐらいはつないだかも。




2人で遊んだりして、でもそのうちタイミングとか合わなくなって自然と連絡をとらなくなって、、
しばらくして彼に新しい彼女が出来たって聞きまして


きっとアタシのキモチには気づいてたんだろーナ(´-ω-`)

重かったんだろーか笑



その頃はアタシにも気になる人できてたからショックは少なかったけど・・



次に会った時は2:2で遊んだ時かな。


その時はアタシにも今の彼氏がいたし☆

キモチが動く事はなかったけど。





ケツノポリス4 を聴くとどーしてもこの彼の事を思い出してしまうアタシでした。


今頃どうしてるかなぁ。


あれから2年以上もたつのにね。



会いたいな もちろん、友達として、ね♪









スポンサーサイト

テーマ : つぶやき - ジャンル : 恋愛

<< こんな時間に | HOME | きっかけ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。